発酵食品の効能とはどのようなものでしょうか?

発酵食品の効能としては、どのようなものがあるでしょう。

 

まず発酵食品の優れている点をいくつか考えてみましょう。発酵食品には独特の匂いや、中には腐敗臭ではないかと勘違いされるような食品もあります。

 

しかしこれが食べてみるとひじょうにおいしい、発酵する前と後とでは、味わいや香りもまったく異なっています。これは発酵食品を作る原因となっている微生物の種類にもよりますが、酵素の働きによる部分もかなりあるようです。

 

また発酵食品は栄養価に優れているものがたくさんあります。以前日本の食生活が、今日ほど豊かではなかった時代に、発酵食品は重要な栄養源とされてきました。また病気にかかった際に、薬を買い求めることのできない人々にとっては、薬の代用品としての効能も期待されていたのです。

 

また新鮮な魚や植物などは、すぐに食べる分にはよいのですが、いかんせん保存が効きません。そこで比較的常温でも日持ちのする発酵食品は、保存食としても重宝されました。

 

この他発酵食品には、栄養面の効能や効果もたくさんあります。例えば発酵食品には腸内環境を整える効能があり、また吸収も良くしてくれます。また血液をサラサラにしてくれたり、高血圧の人が食べた場合、血圧を下げるという効能を発揮してくれるものもあります。

 

また最近の研究では、発酵食品には老化防止や疲労回復、動脈硬化を防止する効能などがあることもわかってきています。