麹菌とはどのようなものでしょうか?

麹菌は、日本酒を醸造する際には欠かせないもので、言ってみれば日本人の心のよりどころである日本酒の、その一端を担っていると言ってもよいでしょう。

 

麹菌は、米や麦大豆、糠などの穀物にコウジカビを繁殖させて得られます。コウジカビは酵素を分泌することで、デンプンやタンパク質などを分解します。

 

麹菌はさまざまな日本の食材に用いられており、ざっと上げただけでも日本酒、焼酎、味噌、お漬け物、醤油、泡盛などがあります。

 

こうして見てみると、日本食がいかに麹菌やその発酵食品に依存しているかを痛感します。

 

麹菌を利用したもので甘酒や塩鮭なども有名です。ひじょうに健康的な飲み物で、美肌効果などにも優れているため「飲む点滴」、「魔法の調味料」などともてはやされ、ひじょうに人気があります。

 

麹菌を利用した発酵食品が腸内環境を整えてくれたり、美肌効果を示してくれるのは、麹菌由来の酵素によるものが大きいと言われています。

 

酵素はいろいろな種類がありますが、食物を食べた際の消化、吸収などを助けてくれたり、それによって便秘などの解消にも役立っています。

 

麹菌にはどのような成分が含まれているのかというと、まず上げなくてはならないものがビタミンB群です。

 

特にビタミンB1、B2、B6などは豊富に含まれており、他にも有効成分として、葉酸、パントテン酸、ビオチン、ナイアシンなどが含まれています。

 

これらの成分は、肌や爪、髪の毛などの健康維持に大きく貢献しています。ただしビタミンB群は水溶性で、体内にためておくことができませんから、毎日適量を摂取することが肝心です。