発酵食品と健康

私たちの身の回りにはたくさんの発酵食品があります。発酵食品には、独特の匂いや味わいを持ったものが多く、最初に食べる時には少し勇気がいるようなものもありますが、発酵食品には他の食品からは得ることができない栄養素などが、豊富に含まれているものが多く、健康的なものが多いという特徴があります。

発酵食品

そもそも発酵食品はどのようにして生まれたのでしょうか。

 

一説によれば5000年ほど昔、アラビアの遊牧民がミルクを動物の皮で作った水筒に入れて持ち歩いていたところ、水筒をのぞいてみると、透明な液体と白い固まりに変化していました。

 

これがチーズの始まりで、これ以来さまざまな発酵食品が作られるようになったと言われています。

 

しかし発酵食品の原点に関しては、まだ明らかな結論は出ていません。他の研究家によれば、8000〜9000年前には、すでにいくつかの地域でワインが作られていたという発見もなされているのです。

 

いずれにしても、人間と発酵食品の結びつきは古く、深く生活に根を下ろしてきたといえます。

 

皆さんは発酵食品というと、どのような食品を思い浮かべるでしょうか。ヨーグルトやチーズ、日本で発酵食品としてよく知られているものには、納豆、鰹節、醤油、味噌、お酒、漬物、塩辛などがあります。

 

いずれも独特の風味があり、ちょっと癖のある味のするものもありますが、慣れればおいしいものばかりです。またどれをとっても、いわゆる健康食品ばかりで、積極的に食生活に取り入れることで、さまざまな効果をもたらしてくれているものもたくさんあります。

 

発酵食品

発酵食品は特定の食品を、乳酸菌や酵母菌などで発酵させることによって、食品の持つ成分や味わいなどを変化させています。

 

中には熟成するまでにひじょうに長い時間がかかるものもあります。また言われなければ発酵食品であることに気づかないようなものもあるでしょう。

 

発酵食品には、その地域、地域の風土や習慣、生活ぶりにうまくマッチしているものが多く、同じ食材を用いても、まったく同じような発酵食品ができるとは限りません。

 

これが発酵食品にさまざまなバラエティーを与えています。食べておいしく、健康に良い発酵食品を、毎日うまく食事の中に取り込んでいきましょう。